なぜパチンコは日本だけしかない?海外では流行らなかった理由とは?

現在、日本ではパチンコ店は

店舗数は約8700店舗、遊技人口は約900万人、市場規模は約18兆円

あるとされています。(2019年調査時)

 

 

ピーク時より年々減少傾向にありますが

それでも、レジャー市場では断トツで1位となり

日本の一大産業となっています。

 

 

しかし、不思議なことに

海外を見渡してみても、日本以外で

パチンコが流行っていることを聞きませんよね。

 

 

普通、これだけ大きい産業ならば

海外にも進出して、海外でも事業展開しているはずですが

海外では、ほとんどパチンコ店が見られません。

 

 

なぜパチンコは、日本以外では流行らなかったのか?

 

 

なぜパチンコは、日本では今でも廃れていないのか?

 

 

今回は、パチンコが『日本だけある理由』についてお話ししようと思います!

 

 

実は、過去に海外進出していた⁉︎

調べてみたところ、実は過去に

日本のパチンコ企業が、海外進出をしていたことが分かりました!

 

 

今まで海外進出した国は

アメリカ、韓国、台湾、ハワイなどだそうです。

 

 

海外でパチンコを営業する場合は

日本で使われた中古台を活用し、スペックや連荘システムなどは

現地仕様に改造してあるそうです。

 

 

また、日本のように貸玉サンドに現金を投入スタイルは少なく

カウンターで玉を購入するスタイルが多いそうです。

各国でのパチンコ仕様
○韓国

韓国では、日本のパチンコように玉を打ってプレイするスタイルではなく、メダルを入れ抽選後に当落を判断。
技術介入要素は無い、カジノのスロットマシーンのようなシステムであり、ダブルアップも存在する。
当たったあとに商品券等が出て、換金や商品と交換するシステムとなっている。
射幸心の煽りなどのギャンブル性の問題が噴出し、2005年に非合法化されたが、看板を変えて営業しているとされている。

○台湾

台湾では、日本と異なり、当たった数字や再抽選後に出た数字によって連荘数が決定。
また、ハンドルは固定手を離しても良い。
目が届く範囲内での掛け持ち遊技も容認されている。

○グアム・ハワイ

基本的に日本のと似ているが、カウンターで玉を買う・手を離してのハンドル固定可能・全店禁煙などの差異がある。

Wikipedia参照)

 

 

「海外では流行らなかった」と言いましたが

現在は、数店舗だけ海外で営業している店舗があるそうです。

 

 

海外でパチンコが流行らなかった理由

では、本題に入りますが

なぜ、海外進出したのに海外ではパチンコが流行らなかったのか?

その理由について、各国の事例を元にお話しします。

 

 

韓国の場合

韓国にパチンコが海外進出したのは、2000年で

韓国では、パチンコを「メタルチギ」と呼ばれていて

約1万5千店の店舗と、売上が日本円で3兆円規模にまで膨れ上がっていました。

 

 

しかし、当時の政治家のスキャンダルが発端となり

2006年には、全店舗が廃業への流れになりました。

 

 

全廃になった理由は、国力の低下

いわゆる、ギャンブル依存症者が増えて仕事に対する気力がなくなるからです。

 

 

当時の韓国の大統領が、国民に謝罪して

たった6年間で、依存症を増やさない活動に取り組み

パチンコ店を締め出し、全廃することに成功しました。

 

 

アメリカの場合

かつて、在日(アメリカ在住の日本人)がアメリカで

パチンコ店を出したことがありますが

1ヶ月もたたずに潰れた、という話があります。

 

 

その潰れた理由は、ラスベガスなどで

ギャンブルを知り尽くすアメリカ人たちが

「パチンコ玉を4円で借り換金すると、なぜ3円になるんだ!?」

「4円で借りて換金したら、5円になるのがギャンブルじゃねぇか!これは明らかに詐欺だ!」

と騒がれてしまい、パチンコ業界のアメリカ進出はなくなったとされています。

 

 

パチンコ玉を借りた時点で、すでにマイナス状態なので

「負けて当然だ!」と思われたのかもしれません。

 

 

日本の普通は、海外では通用しない

以上のことから、日本では普通というか

取り締まられていないことが、海外では

全然通用しないことが分かります。

 

 

いくら、日本では合法だと言われていても

海外では、それが非合法となり海外の常識に通用しないのです。

 

 

これは、パチンコに限らない話ですが

「日本で通用したから、海外でもいける!」と思って

海外進出して失敗するケースは、たくさんあるようです。

 

 

パチンコは、その代表的な例とも言えるでしょう。

 

 

日本では、パチンコが廃れない理由

では、なぜ海外では流行らないが

日本では、今でもパチンコ業界が生き残っているのか

その理由については、過去に書いた記事でお話ししています。

 

 

これほど膨れ上がった産業がなくなることは

国にとっては、経済的にかなり厳しい状況になってしまうので

国としても、パチンコ店を全面的に廃業しようとは動かないわけです。

 

 

いくら、少数の人数で抗議をしても

圧倒的な数と力の前では、変えられない物事が

世の中には、たくさんあります。

 

 

そうであるならば、今僕らができることは

パチンコをなくそうとすることではなく

パチンコで負けることをなくそうとするべきではありませんか?

 

 

パチンコが問題になるのは

パチンコで負け続けて、依存症になったり

借金を抱えて自殺するようなことになるからですよね。

 

 

つまり、パチンコで負け続けないようになったら

このような問題は、すぐに解決できるのです!

 

 

 

実際にHEROマルは、ある方法を取り入れることで

今では、パチンコで負け続けることがなくなりました!

 

 

その証拠は、HEROマルの稼働

見ていただければ、納得していただけるでしょう!

注目記事‼︎
HEROマルの稼働については
下記の記事でお話ししています🔻🔻

☝️HEROマルの稼働記事はココをプッシュ!

 

 

『圧倒的な数と力の前では、変えられない物事』に対して

たかが一人の人間が文句を言っても、何も変わることはありません。

 

 

しかし、パチンコで勝つことは

個人の努力次第では、変えることができます!

 

 

あなたは、パチンコで負け続けることに

どのような思いを持っていますか?

 

 

パチンコで負けるのはしょうがないことだと思って、これからも負け続けるのか

パチンコで勝つことはできると信じて、これから勝ち続けるのか

全てはあなた次第ですよ٩( ‘ω’ )و

HEROマル

公式LINE@

HEROマルがパチンコで勝ち組に成り上がった方法を登録者限定で大公開!

『必要なのは、あなたのキモチとほんの少しの勇気だけ!』