パチンコは、なぜ日本からなくならないのか?その理由と今後の展望を紹介!

以前から、日本で唯一のグレーゾーンと言われている

『パチンコ業界』ですが、今回のコロナ騒動の時には

自粛中に休業しない、一部の店舗が営業していたことで

業界全体が、ひどく叩かれていましたよね。

 

 

それ以外でも、震災の時や不況の時なども

パチンコ業界は、難癖つけて悪く言われることもあったそうです。

 

 

しかし、それだけ世間から叩かれても

なぜか、パチンコが日本からなくなることがありませんよね。

 

 

遊技人口、市場規模、店舗数などが年々減少しているにも関わらず

未だに、日本の一大産業として君臨しています!

 

 

なぜ、日本からパチンコはなくならないのか?

 

 

そして、今後パチンコ業界の未来は

どうなっていくと考えられるのか?

 

 

今回は、そんな気になる『パチンコ業界がなくならない理由と今後の未来』についてお話ししていこうと思います!

 

 

なぜ、日本からパチンコがなくならないのか?

日本から、パチンコがなくならない理由は

いくつかありますので、それらを順にご紹介していきましょう。

 

 

理由その1:雇用問題

パチンコ業界の雇用規模は、総務省の経済センサス活動調査では

2016年では22.9万人、2019年では22.4万人となっています。

 

 

そう言っても、イマイチ大きさが分かりにくいと思うので

他業界の雇用規模(2016年)を、以下に載せておきましたので

よければ、一緒にご覧ください。

他業界の雇用規模
  • コンビニエンスストア:77万人
  • 総合スーパーマーケット:43.7万人
  • パチンコホール:22.9万人
  • 自動車(主要11社):21.1万人
  • 百貨店:7.5万人

 

 

この人数は、あくまでパチンコ企業の直接雇用であり

その他にも、遊技機メーカーや周辺設備機器メーカー、販売業者、景品卸など

パチンコ企業の存在によって、多くの雇用機会が生み出されています。

 

 

これがもし、日本からパチンコがなくなってしまえば

どれほどの人が、仕事をなくして路頭に迷うことになるか

あなたは考えたことはありますか?

 

 

日本は特に、実力よりも経歴を重視する傾向が未だにあるので

簡単に雇ってくれる企業が少ない、という現状もあります。

 

 

簡単に人を雇うことも、辞めさせることもできない状況で

パチンコをなくすのは、デメリットが大きすぎると言えますよね。

 

 

理由その2:お金の流通

あなたは、パチンコ業界の市場規模は

どれくらいかご存知ですか?

 

 

現在の市場規模は、約18兆円あると算出されており

ピーク時は、30兆円にものぼる規模があったそうです!

 

 

18兆円と言われても、ピンとこないかもしれないので

他の業種の市場規模を、比較してみましょう🔻🔻

他業種の市場規模
  • Google:3兆円
  • 競馬市場:3兆3280億円
  • NTTドコモ売上高:4兆円
  • コンビニエンスストア市場:9兆1771億円
  • スーパーマーケット産業:18兆2587億円
  • 医療産業:36兆7000億円
  • 日本の国家予算(歳出):228兆7659億円

※算出している年度がバラバラなので、参考程度に見てください。

 

 

こう見ると、いかに大きい産業なのかお分かりですよね。

 

 

これだけ大きい産業が、なくなってしまうようなことが起きれば

18兆円ものお金の流通がストップし、日本の経済は

不況どころか、致命的な痛手となることが分かりますよね。

 

 

また、パチンコはお年寄りの遊技者も多いため

高齢者のお金も流れないことになります。

 

 

最近では、国が『Go Toキャンペーン』という

「国が、旅行代金の一部を補ってくれる」ものが打ち出されていますが

あれは、国民がお金を使ってくれるように催促した施策です。

 

 

国としては、国民がお金を使ってくれないと

経済が回らないから、非常に困るわけです。

 

 

このように、パチンコをなくしてしまえば

国が困ることになってしまうので、国も

パチンコを本気でなくそうとはしないことが

日本から、パチンコがなくならない理由の1つです。

 

 

理由その3:パチンコ業界は、政治家と警察トップと根深い関係

これは、あなたもご存知かもしれませんが

パチンコ業界を統括しているのは、警察庁です。

 

 

そして、大手のパチンコ店がほとんど加入している

『パチンコチェーンストア協会』のアドバイザーとして

なぜか、政治家がたくさん就任されているんですね。

 

 

しかも、その数は

なんと、40名近くにものぼるそうです!

 

 

パチプロでもない政治家が

なぜアドバイザーとして、こんなにもいるのか

なんとなく、察しがつきますよね(・_・;

 

 

あえて、ここではその理由は言いませんが

国のトップにいる人たちが、そのようなことをしている限り

パチンコが、日本からなくなることはないと言えるでしょう。

 

 

パチンコ業界の、今後の未来はどうなる?

メディアの情報操作によって

パチンコの悪い部分だけ映し出され、それが国民のイメージとなっていることが

「パチンコなんてなくなればいい」という声に、つながっているのでしょう。

 

 

しかしそれは、無くした後のことを考えていない

「無責任な発言だ」という声もあるわけです。

 

 

このように、パチンコ業界がなくなることに対して

いろんな意見が右往左往している状況ですが

それについては、今後の未来がどうなるか考えれば

自然と、その論争はなくなるはずです。

 

 

先ほど、日本からパチンコがなくならない理由をお話ししましたが

この先ずっと、パチンコがなくならないとは

もちろん言い切れませんし、衰退は止まらないと思っています。

 

 

しかし、なくなるのは、そんなすぐのことではなく

もうしばらくは、大丈夫だと考えています。

 

 

なのでHEROマルは、パチンコで稼げる今だからこそ

パチンコで勝つ方法を学んで、稼げるうちに稼いでしまおう!」

ということを、このブログでずっと言い続けています!

 

 

業界が衰退していても、今は問題なく稼げる状況ですが

いつまでも、パチンコで稼ぎ続けられるとは言い切れません。

 

 

それは、どんな業界でも

同じことが言えませんか?

 

 

だから企業は、いろんな事業に参入して

生き残りを図ろうとしているわけです。

 

 

HEROマルも、パチンコ以外に

他にも、いろんな事業に取り組んでいますが

それは、いつどの事業が潰れるかわからないからです。

 

 

今の時代、いくら正社員といえど

収入が1つしかない状況は、非常に危険だと

HEROマルは考えています。

 

 

それは、今回のコロナ騒動で

思い知った人も、中に入るかと思います。

 

 

今後は、今稼げるもので稼いでしまって

未来に対する不安を、少しでもなくすことをしていくべきではないでしょうか?

 

 

あなたは、今の状況と今後の未来について

どれくらい本気で、どのように考えていますか?

 

 

目先の問題だけ見てしまって、未来がどんどん暗くなることをしていくのか

今後の未来をしっかり見据えて、未来がどんどん明るくなることをしていくのか

全てはあなた次第ですよ٩( ‘ω’ )و

HEROマル

公式LINE@

HEROマルがパチンコで勝ち組に成り上がった方法を登録者限定で大公開!

『必要なのは、あなたのキモチとほんの少しの勇気だけ!』