パチンコは回らない台を打っても勝てる⁉︎勝てる台は〇〇が違う⁉︎

あなたは、パチンコを打ってて

読者1
なんやこの台、全然回らねぇじゃねぇか( *`ω´)
“読者2”
こんな回らない台ばっかじゃ、勝てるわけねぇじゃん・・・
“読者3”
この店、回らない○ソ台ばっかだな。よし、通報したろ!

というような思いをされたことはありますか?

 

 

世間的には

「 パチンコで勝てる台=ボーダーを超える台 」

と、いまだに思われているので

つまり・・・

「 回らない台しかない=もうパチンコは勝てない 」

と思う方が、全ユーザーの9割もいるというのです!

 

 

だから、全ユーザーの内の9割が負けてしまう

現状が起きているのです。

 

 

しかし、こういった現状から

「じゃあ、回る台を打てば1割の勝ち組になれるんだな?」

と思われる方も、中にはいらっしゃいますが

本当にそうなのでしょうか?

 

 

パチンコは、回らない台を打っても勝てないのか?

パチンコの勝てる台は、何が違うのか?

 

今回は、『パチンコの回らない台』についてお話ししていこうと思います!

 

 

ボーダー理論の真実

読者1
そもそも、『ボーダー理論』ってなんなの?

という方のために、まず最初に説明すると

説明しよう!
『ボーダー理論』とは・・・
パチンコ台における単位金額あたりのデジタルスロット回転回数が、理論上損益分岐点(損益プラスマイナス0)を上回るとされる数値(ボーダーライン)の台を、長期的に見てその台をプレイし続ければ、理論上確率は収束して収支はマイナスにはならない、という考え方のことであ〜る。

ということを指します。

 

 

 

しかし、こういった『ボーダーライン』は

もちろん、お店の状況(換金率や釘調整の加減)によって左右されます

あくまで、この『ボーダーライン』は理論値であり

現場で起きる出来事に左右され、ほとんどが理論上の数値にはなりえません。

 

 

その現場で起きる出来事の例としては

『回転ムラ』というのがあります。

説明しよう!
『回転ムラ』とは・・・
1万円投資した段階で250回転回っていても、ある時は15回転だったり20回転だったりと回転数にムラが出て、1日中同じ回転数で回ることがほとんどない現象のことであ〜る。
回転ムラが起きやすい台

・風車釘、道釘が安定していない台

・ワープにまったく入らない台

・へそ釘が下向きになっている台

・強いストロークで打っている台

・ポケットに全く玉が入らない台

 

 

ボーダー理論信者は、このようなことも気にしながら

一生懸命ボーダーを超える台を探しているんですが

HEROマルからすれば

「はぁ・・・なんてもったいない努力をしているんだろう。」

と、残念に思う気持ちでいっぱいです。

 

 

パチンコの当たる仕組みと本質を理解できれば

ボーダー理論が全くの見当違いだという真実に気づくのですが

ほとんどの方は、その事実に気づこうとしません。

 

 

たしかに、真実を知るというのは

今まで信じてきたものから裏切られるため

「怖い、知りたくない」という気持ちでいっぱいになり

本能的に知ろうとしないようになるのかもしれません。

 

 

ただ、真実を知っていかなければ

今後、今以上によくなる未来は訪れません。

 

 

真実を知って、一歩踏み出すことが

新しい未来を切り開く一歩となるのです!

 

 

勝てる台は、〇〇が違う⁉︎

たとえ、回る台を見つけたとしても

1000回転ハマって、STスルー・・・

また1000回転ハマって、確変とるも単発スルー・・・

このような結果になっても、ボーダー理論信者は

“信者”
今日は負けたけど、仕事量は積んだから大丈夫!

と、謎の言い訳をして負けた理由の正当化を言い始めます。

 

 

これが、雇われて軍資金をもらってやった仕事なら

そのような言い訳が通用するかもしれませんが

これが自分のお金でやった結果なら、通用しませんよね・・・

 

 

パチンコは、単純に

回収した金額が投資した金額より多ければ勝ち

ですよね!

 

 

じゃあ、そのような結果になる台というのは

他の台に比べて何が違うと思いますか?

 

 

読者1
打ち始めてからずっと挙動がいい台じゃない?
“読者2”
外れるけど激アツ演出が頻繁に出る台とか?
“読者3”
いやいや、初当たりが軽くて連チャンする台やろ!

このように、さまざまな意見がありますよね。

 

 

正解はというと・・・

ドン!!

 

どれも正解であり、不正解でもあります!

 

 

というのも、勝つために必要な要素もありますが

それだけでは勝てないのが、パチンコなのです!

 

 

全ては

パチンコの本質に沿った現象がただ起きているだけ

なのです。

 

 

激アツ演出が出て外れるのも

プレミアが出ても、単発で終わることも

全て起きるべくして起きている現象なのです。

 

 

ですから、勝てる台というのは

勝てるタイミングを見極めて打てば、おのずと勝てる台となる

という単純明快な真実なのです!

 

 

その勝てるタイミングを見極めるには

パチンコの本質を知る、ということが必要なんですね!

 

 

回らない台で勝つには?

この答えも、先ほどお話した通り

パチンコの本質にもとづいた台を打てばいいだけなんですね!

 

 

むしろ、パチンコの本質からすれば

回る台のほうが勝てない

という驚愕の事実を目の当たりにすることになります!

 

 

というのも

回れば回るほど逆に当たりが遠のいていくことが

本質を知っていくうちに、おのずと気づいてしまうのです。

 

 

そもそも、『ボーダー理論』が提唱されたのは

1989年のことであり、30年経った今でも

その理論が正しいと言えること自体、不思議だと思いませんか?

 

 

時代が進むごとに、めぐるましい変化が起きている中で

こういった根拠も証拠もない理論が通用することは

正直ありえないことだと、HEROマルは思います。

 

 

パチンコで勝っていくには

理論的で根拠のある本質に沿った立ち回り法

が必要なのです!

 

 

その方法を、HEROマルは

POS(パチンコオンラインスクール)

で学んでいます。

 

 

あなたなら

根拠も証拠もないような理論を信じるのか

理論的で根拠のある本質に沿った立ち回り法を信じるのか

どちらを選びますか?

HEROマル

公式LINE@

HEROマルがパチンコで勝ち組に成り上がった方法を登録者限定で大公開!

『必要なのは、あなたのキモチとほんの少しの勇気だけ!』