パチンコはゴトでもしないと勝てないのか⁉︎正当な方法じゃ無理⁉︎

あなたは、パチンコ店で行われる不正行為

『ゴト』についてご存知ですか?

説明しよう!
『ゴト』とは・・・
パチンコやパチスロにおいて、不正な方法で出玉を獲得するいかさま賭博。語源は「仕事」の略。なお、ゴト行為による玉・メダルの獲得は「刑法235条・窃盗罪」、また不正行為が目的での入店は、店舗管理者の意思に反する立ち入りとして「刑法130条・建造物侵入罪」が適用され、法により罰せられる。

 

 

最近ではあまり見かけないようになりましたが

過去に、ニュースやドキュメンタリー番組で

『ゴト行為』による犯罪が取り上げられていました。

 

 

実は、HEROマルが当時アルバイトしていたパチ屋でも

ゴト行為が発覚して、警察が来てその場で現行犯逮捕された事件がありました( ゚д゚)

 

 

このような不正行為をしないと、今のパチンコは勝てないのか?

ゴトのような不正行為ではなく、正当な方法では勝てないのか?

 

今回は、『ゴト行為』についてお話ししていこうと思います!

 

 

ゴト行為の種類

読者1
ゴトっていっても、どんなことが不正になるの?

今の時代、知らなかったでは済まされない時代ですので

どんなことが不正行為になるのか、知っておくだけでも防犯になりますので

これを機会に、これからお話しする『ゴト行為』についてを

知識として学んでおきましょう!

 

 

※実際に起きたゴト行為の実録動画がありましたので、ご参考程度に見てください。

 

 

パチンコのゴト行為

 

パチンコのゴトその1
糸付き玉ゴト

パチンコの玉に、釣り糸のような透明で丈夫な糸が取り付けられています。

接着剤らしき物で玉と糸を取り付けているのだと思います。

この糸の付いた玉を使用してゴトを行います。

 

糸の付いた端を持ち、パチンコ玉を打ち出して盤面でコントロールします。

入賞口に入れる事により不正に玉を獲得したり、スタートに入れて回転させたりします。

 

糸が透明なので、巡回している従業員もなかなか気付かないのです。

 

 

パチンコのゴトその2
磁石ゴト

磁石を使用して盤面に打ち出した玉を誘導させます。

誘導させた玉はスタートに入れたり、ポケットなどの入賞口に入れます。

 

しかし、パチンコ台に磁石センサーが付いているので、実行するのは難しいと思います。

 

 

パチンコのゴトその3
釘曲げゴト

釘曲げゴトは従業員がガラスを開けた隙を狙い、釘に手を伸ばして入賞口などの釘を曲げてしまうゴトです。

 

「入賞したけど払い出しがない」

「盤面に球が引っかかってしまった」

 

という事から従業員を呼びガラスを開けさせます。

ガラスが開いて従業員がトラブル対応をしている隙を狙い、入賞口などの釘を曲げます。

 

CR天下一閃という台は、あまり大当たりしませんが、大当たりすると出玉が多いと言う台です。

この台を狙った釘曲げゴトが流行り、埼玉県などのパチンコ店は大きな被害を受けました。

 

 

パチンコのゴトその4
ぶらさがりゴト

センサーとメイン基板の間に割り込む形で接続され、ぶらさがっている基盤の事です。

この基盤で大当たりを不正に当選させる事が出来ます。

 

初期の頃は基盤も大きく発見しやすかったですが、その後は非常に小型化されコネクター内部に埋め込んだものや信号線の束に巻き込んだものまで登場しました。

 

原理的にはスタート信号を一度ぶら下がり基盤に取り込み、時間差処理を加えた後メイン基盤に送り返します。

そうする事により大当たりを誘発させるなどの確率をコントロールする事が出来ます。

 

 

スロットのゴト行為

 

スロットのゴトその1
電波ゴト

センサーを誤動作させて大当たりの乱数を取得するゴトです。

設定変更電波ゴトは、主に主電源が落ちた場合の初期設定に戻る機能を利用したものになります。

その後、シールドガラスや電波探知器の発売により、一時は小康状態となりました。

 

しかし、組織化されたゴト集団はより優れた性能を持つ電磁波を開発しました。

それ以後、いたちごっことなってしまい、解決の糸口は未だ模索状態となってしまっています。

 

 

スロットのゴトその2
ハーネスゴト

ハーネスをスロット台に仕込む事で、大当たりを不正に発動させる事が出来ます。

スロット台を開けて仕込む必要があるので、手口としては難しいゴトになります。

 

お店側に協力者がいる場合なんかもありますが、ゴト師の手口としては、わざとエラーを起こして店員に台を開けさせている間にメダルを落とし、その間に仕込んだりします。

壁役がいたりして、防犯カメラの視界になる位置に立ったりして犯行を見えなくなるようにします。

 

仕込みが終わってしまえば、あとは通常通りに打つだけです。

大当たりやARTが連荘するのでガンガンメダルが出てきます。

 

 

スロットのゴトその3
クレマンゴト

スロットのクレジットを満タンにするゴトです。

クレマンという器具をメダル投入口に入れます。

 

そうするとメダルが投入されたと感知してクレジットが増えます。

クレジットが満タンになるという事から、クレマンゴトと言われるようになりました。

 

流行っていた頃は、ジャグラーがよく狙われていました。

そのため、クレマンを防止するカバーを取り付ける店舗が増えています。

 

 

店側のゴト対策

 

以上のようなゴト行為が、現在確認されていますが

お店側も、これ以上被害を出さないために

下記のような対策をしています🔻🔻

 

 

お店側のゴト対策

・ホルコン(ホールコンピューター)で管理

・ゴト対策器具取付

・ホールの巡回強化

 

 

また、メーカー側も

台自体にゴトを検知する不正検知器を搭載するなど

今では、そう簡単にゴト行為ができない時代です。

 

 

そもそも、不正行為で儲けようとすること自体

考えられないことですし、悪いことをすれば必ずいずれバレます。

 

 

そんなことをしなくても

パチンコには、合法で正当なやり方で勝てる方法があるので

不正など絶対にしないようにしましょう!

 

 

パチンコで勝つ正当な方法とは?

過去には、パチンコで

不正と疑われながらも、誰1人捕まることなく

半年で約2億円稼いだと言われる伝説的集団

『梁山泊』

というパチプロ集団がいました。

 

 

彼らが捕まらなかったのは

不正ではなく、『合法的な攻略法』で稼いでいたので

誰も検挙しようがなかったのです。

 

 

しかし、現在ではその方法は通用しなくなり

読者1
パチンコは、もう合法的な手段じゃ勝てないよな・・・

と、世間的に思われがちですが

実は、合法的な手段で今でも稼ぎ続ける集団が存在するのです!

 

 

それが、HEROマルが所属する

POS(パチンコオンラインスクール)

というところです!

 

 

しかも、POSと梁山泊の違う点は

合法的ではありますが、POSは攻略法ではなく

パチンコの本質に沿った、理論的で根拠のある立ち回り法

だということです!

 

 

そして、今でも稼ぎ続けている証拠としては

POSの受講生がその日の稼働結果を報告する

稼働報告グループ

で、毎日のように証拠画像が掲載されています。

🔺🔺これは、昨日の稼働報告の内容です!

 

 

最近、とあるSNSの投稿で

「このような内容は、詐欺商材です!」

「POSは詐欺ですので、ご注意ください!」

の内容を見かけました。

 

 

まぁ、投稿するのは本人の自由なので

特にとがめるようなことはしませんが

詐欺という根拠も証拠もないのに、そのような発言をするのは

どうなのかなとHEROマルは思います(・_・;

 

 

世の中、情報が溢れすぎていて

どれが正しくて、何が危ないのか

正しい情報を見極める力が必要です。

 

 

それには、他人の判断ではなく

自分の目で見て、自分で考えて判断するのが一番です!

 

 

POSに関しては、HEROマル以外にも

たくさんの人がブログでご紹介していますから

いろんな人の意見を見てご判断いただけたらと思います!

HEROマル

公式LINE@

HEROマルがパチンコで勝ち組に成り上がった方法を登録者限定で大公開!

『必要なのは、あなたのキモチとほんの少しの勇気だけ!』