パチンコは確率の収束が存在するのか?パチンコの期待値の考え方

あなたは、パチンコで

『確率の収束』

という言葉を、聞いたことはありますか?

説明しよう!
『確率の収束』とは・・・
確率というものは、試行回数を増やせば増やす程、その決められた確率に収束していく性質がある、ということであ〜る。

 

 

パチンコで例をあげて言うと

例えば、大当たり確率が1/200のパチンコ台があり、同じ台を毎日、1日中打っていたとします。

1日単位で見れば、大当たり確率が1/100になることもあれば、1/300になることもあるでしょう。

しかし、長いスパンで見れば、大当たり確率は限りなく1/200に近づいていきます。

これが、確率の収束についての基本的な考え方です。

 

 

このような考え方をすれば

パチンコは、勝てるようになるものなのか?

 

今回は、『確率の収束』について詳しくお話ししていこうと思います!

 

 

パチンコにおける期待値とは?

ここでまず最初に

『パチンコにおける期待値』

をご説明しておきます。

説明しよう!
『期待値』とは・・・

良く回る台を打って、平均値の中でどれぐらいの利益が出るかというものを計算して、確率の収束を待ち平均値が高い台を打ち切る、ということであ〜る。

 

 

この『パチンコにおける期待値』があるから

確率の収束が信じられている、とも言えます。

 

 

しかし、この『確率の収束』を

理論上解説すると

完全確率で本当に抽選しているとして

確率が収束するまでに、誤差が10%範囲内の収束に15万回転程試行しなければならないそうです。

ちなみに、その誤差を1%以内にするには約1500万回転必要との事・・・

 

 

1日せいぜい打てても3000回転程度なので

15万回転試行するには、50日間必要です。

 

 

しかも、この条件で9割は期待値通りに収束すると言いますが

1割の確率を引くことも、ないとは言えないですよね。

 

 

そんな運否天賦の勝負を、最低でも2ヶ月近く続ける

時間と資金はありますか?って話なんです。

 

 

平均〇.〇連チャンの真実

こういったことを考えると

よく雑誌などに書いてある、その台の

『平均連チャン数』などが書いてありますよね?

 

 

たとえば、平均5連チャンする台が

実際には、3連だったとすると

読者1
平均にも届いてないし、全然収束しとらんわ💢

と、怒りまくりますが

これが10連したとすると

“読者2”
平均を大きく超えたから、大満足だわ!

と、期待値は外しているのに、収束もしていないのに

結果だけを見て喜んでいますよね。

 

 

つまり、ほとんどの人間は

自分の都合のいいように解釈をするので

平均連チャン数などは、全くあてにならず

自分の考え方が合っていなくても

結果がよければそれでいい、と考えてしまうのです。

 

 

しかし、そのような考え方では

その後は、勝ち続けることは不可能です。

 

 

自分が考える勝つための考え方によって

予想通りの結果にならなければ

その考え方は間違っている、と気づいていきましょう!

 

 

勝つための正しい考え方とは?

HEROマルが好きな投資の漫画

『インベスターZ』のあるシーンでもあるように

「的外れなところで頑張ることに、価値なんてない!」

という言葉があります。

 

 

これを、先ほどの話に繋げると

勝てもしない方法で途方もない時間とお金を使うことほど、無駄なことはない

ということが言い換えられるんですね。

 

 

パチンコで勝とうとするならば

少ない時間とお金で、大きなリターンを得る

という考え方が必要です!

 

 

その考え方を実現する方法として、HEROマルは

POS(パチンコオンラインスクール)

という場所を選び、そこで

パチンコの本質

を、学んでいます。

 

 

『確率の収束』や『期待値』のような

非現実的な考え方では

一生パチンコで勝てることはできません。

 

 

パチンコで勝ちたいのなら

現実的に叶えられる方法や考え方を選んで

より確実に勝っていけるようにしていきましょう٩( ‘ω’ )و

HEROマル

公式LINE@

HEROマルがパチンコで勝ち組に成り上がった方法を登録者限定で大公開!

『必要なのは、あなたのキモチとほんの少しの勇気だけ!』