パチンコ屋が2020年で廃止に⁉︎2020年で抱える問題とは?

2020年というのは

なんだか語呂がよくて、縁起がよさそうな年になりそうですね。

(ギャンブル好きだと数字に敏感なんです笑)

 

 

そんな中、ネットの検索ワードを見ていると

『2020年パチンコ廃止』

というワードが、以前ホットワードになっていました!

 

 

巷では、そのような動きは感じられませんが

本当に今年でパチンコ屋がなくなってしまうのか?

パチンコは、もうオワコンなのか?

 

今回は、『2020年で抱えるパチンコの問題』についてお話ししていこうと思います!

 

 

パチンコ屋は、2020年でなくなるって本当?

最初に結論を言ってしまうと

この情報は、単なる『デマ』のようです。

 

 

某掲示板で書き込まれた

ソース(情報元)がわからない情報を見た人が

勘違いして勝手に盛り上がっていっただけで

年内でなくなる、ということはありませんε-(´∀`; )

 

 

つまり、これは単なる

フェイクニュースだということなんですね。

 

 

しかし、なぜこのような情報が

ここまで盛り上がってしまったのか?

 

 

それは、2020年で抱えるある問題

ここまで話を飛躍させてしまったのです。

 

 

パチンコ屋が抱える、2020年問題とは?

実は、パチンコ業界にとって

2020年は、さまざまな変化を問われる年になるのです。

 

 

どんな問題をかかえているのか?

1つずつご紹介していきます。

 

 

受動喫煙対策

『改正健康増進法』という規制によって

2020年4月1日までに室内全面禁煙となります。

 

 

つまり、タバコを吸いながら

パチンコやパチスロを打つことができなくなる

ということなんです。

 

 

HEROマルは、タバコを吸わないので

この施策は非常にありがたいのですが

喫煙者にとっては、どんどん肩身が狭くなる思いですよね(~_~;)

 

 

しかし、そんな喫煙者のために

お店側が、基準を満たした喫煙ルームを一画に

作ってくれれば、店内でもタバコを吸うことはできます。

 

 

これも、2020年夏に行われる

東京パラリンピックの影響でしょうか。

 

 

この影響で、少なくとも

「 パチンコ ≦ タバコ 」

ということに当てはまる人は

パチンコをしなくなる、つまり

パチンコユーザー数が減少することになりかねる

状況になるのです。

 

 

高射幸性機撤去問題

昨年末で、パチスロの大黒柱とも言えた

「バジリスク絆」「モンハン月下雷鳴」「アナザーゴッドハーデス」

が検定切れのため、ホールから撤去されてしまいました。

 

 

パチスロでは、『5号機機種』といわれる旧基準機が

どんどん撤去されていく中

パチンコでも、今ホールを席巻している機種が

撤去されてしまいます。

 

 

それは、『CR機』と呼ばれる旧基準機です。

 

たとえば

「真・北斗無双」「真・花の慶次2」「ルパン三世LASTGOLD」

あたりでしょうか。

 

 

機種の名前のあたまに『CR』とついているものが

実は、2021年1月末に撤去されることとなったのです。

 

 

パチスロのほうは

高射幸性機の設置比率を

2020年1月31日時点で5%以下にしなければならないので

もうほとんどが6号機にシフトされつつあります。

 

 

このような状況から、2020年は

パチンコに注目が集まる年

になるのではないかなと予想されます。

 

 

広告宣伝規制

パチンコ店といえば、お客さんを呼び込むために

有名人やライターを呼んで広告していますよね。

 

 

しかし、その広告では

広告及び宣伝規制 第16条

風俗営業者はその営業につき、営業周辺における清浄な風俗環境を害するおそれのある方法で広告又は宣伝をしてはならない。

という法律が施行され、大体的にイベントをすることが

どんどん厳しくなってくることが予想されます。

 

 

イベントができない

↓↓

高設定が入る日がわからない

↓↓

もう勝てない・・・

 

と連想されることで

ユーザーが減っていく状況になりえます。

 

 

消費税増税問題

昨年の10月より、消費税が10%へと増税された影響で

貸玉・貸しメダルの数が少なくなってしまいました。

 

 

パチンコには、そこまで影響はないですが

スロットに関しては、この増税による影響は

かなり痛手だったことでしょう・・・

 

 

スロットで稼ぐことが

より難しくなった、ということが言えますね。

 

 

オリンピック・パラリンピックにおける入替自粛

2020年7月24日~8月9日にオリンピック

2020年8月25日~9月6日までパラリンピック

に開催が予定されています。

 

 

どの程度の期間になるかはわかりませんが

これらの期間に関しても警察より

入替自粛の要請があると予想されます。

 

 

『新台入替』というのは

広告規制が強くなっていく中

唯一お客さんを呼び込める方法でもあり

われわれパチンコユーザーにとっても

パチンコを打つ内の楽しみの1つでもあるので

この期間はどちらの側も、ツライ状況になりえますね(^◇^;)

 

 

ユーザーは、2020年をどうしていくべき?

2020年は、これだけの問題がパチンコ業界だけでなく

われわれユーザーにも重くのしかかってきます。

 

 

特に、この問題の影響で

パチスロをメインに立ち回っていた人たちが

パチンコへとシフトしていくことが

HEROマルは予想しています。

 

 

そして、『CR機』が年内までしか打てないため

パチンコで稼ぐなら今年が勝負である

ともいえるでしょう。

 

 

しかし、パチスロではある程度勝てる方法があっても

パチンコでは勝てないと思われている傾向が未だにあります。

 

 

現に、パチンコユーザーの9割が負けている

という現状があるからです。

 

 

そんな中、パチンコで勝ち続けている

1割の勝ち組となった集団がいるのです!

 

 

それが、HEROマルが受講している

POS『パチンコオンラインスクール』

なのです!

 

 

HEROマルが大好きな『ルパン三世』の名言にもある通り

考え方ひとつで、世界が変わるんだ

ということが、この現状にピッタリ当てはまります。

 

 

2020年は、今まで常識とされた

先入観を捨てない限り

パチンコ・パチスロでは、どんどん勝てなくなってきます。

 

 

読者1
大好きなパチンコやスロットを続けたい!
“読者2”
パチンコで、これ以上負けたくない!

そう思われる方は

今の先入観を捨てて、考え方を一新しましょう!

 

そうすれば、あなたのパチンコライフが

より充実したものになりますから٩( ‘ω’ )و

HEROマル

公式LINE@

HEROマルがパチンコで勝ち組に成り上がった方法を登録者限定で大公開!

『必要なのは、あなたのキモチとほんの少しの勇気だけ!』